総合小売り大手2社の2022年2月期連結決算が8日、出そろった。売上高に当たる営業収益は、イオンがコロナ禍で前期比1.3%増の8兆7159億円にとどまる一方、セブン&アイ・ホールディングスは米コンビニエンスストアの買収効果で約1.5倍の8兆7497億円と大幅増収を達成。僅差ながら11年ぶりにイオンを逆転した。
 イオンは、大規模な臨時休業を強いられた前期に比べモール事業などが回復したが、年明け以降は変異株「オミクロン株」流行で失速。利益面では金融事業の改善などで黒字化したものの、コロナ前の水準には届かなかった。吉田昭夫社長は8日のオンライン記者会見で、「決算の評価としては良くないと判断せざるを得ない」と述べた。
 セブン&アイは、2兆円超を投じた昨年の「スピードウェイ」買収が営業収益を押し上げた。ただ、本業のもうけを示す営業損益を事業別に見ると、国内コンビニやスーパーは減益。7日に売却方針を示した百貨店子会社「そごう・西武」は35億円の赤字(前期は66億円の赤字)だった。
 23年2月期の業績予想は、セブン&アイ、イオン両社ともに増収増益を見込んでいる。 (C)時事通信社