新型コロナウイルスの国内感染者は9日、新たに5万2741人が確認され、累計で700万人を超えた。600万人を超えた3月18日から1カ月足らずで100万人増えた。
 国内の新規感染者は、オミクロン株の広がりによる1月からの「第6波」で急増。1月20日に累計200万人を超えると、2週間で300万人に達した。その後増加ペースは減速したが、依然として高い水準で推移している。
 9日は東京都で8102人、大阪府で4200人、神奈川県で3792人の陽性が判明。長野県では過去最多となる740人の感染が確認された。
 厚生労働省によると、全国の重症者は489人で前日から5人増えた。死者は大阪府で15人、東京都で6人など全国で49人増えた。 (C)時事通信社