新型コロナウイルス禍で日本赤十字社の献血事業が苦境にある中、関東甲信越10都県の献血ルーム45カ所がスマートフォンの位置情報を使った人気ゲームアプリ「ポケモンGO(ゴー)」に登場し、反響を呼んでいる。10年ぶりに訪れた人もいるといい、日赤担当者は「献血を知ってもらえる貴重な機会」と歓迎する。
 日赤関東甲信越ブロック血液センターによると、ポケモンGOの開発を手掛けるナイアンティックから昨年11月に提案があり、まん延防止等重点措置全面解除後の今年3月23日からサービスを始めた。献血ルームは傷ついた者に卵を分け与えて癒やすポケモン「ラッキー」の図柄で表示され、アイテムなどが手に入る「ポケストップ」として登場。行くと特別仕様の「ギフト」を入手できる。
 コロナ禍では感染が拡大するたびに、企業など団体献血の中止が相次いでいる。同センターの担当者はナイアンティックの申し出に「大変ありがたい」とし、「休憩室でポケモンGOをプレーする方、約10年ぶりに来られた方もいて、来所が増えていると感じる」と話す。
 同社担当者も「ポケモンGOの最大の魅力は、外に出て新しい場所を発見してもらえるきっかけを提供できること。献血に行ったことがない方にも『よし、行ってみよう!』と思っていただけるきっかけになれば、とてもうれしい」とコメントした。 (C)時事通信社