松野博一官房長官は11日の記者会見で、政府が月内に策定する緊急経済対策をめぐり、与党内から生活困窮者への現金給付を求める声が出ていることについて、「与党の意見や議論も踏まえながら、具体的な内容の検討を進めていきたい」と述べた。松野氏は「新型コロナウイルス禍で物価高騰等に直面する国民生活の不安を解消する観点から、困窮する方々の生活を守るべくセーフティーネットを強化する」と強調した。 (C)時事通信社