楽天の西口直人、アラン・ブセニッツ両投手が12日、楽天生命パーク宮城での1軍の練習に合流した。2人とも新型コロナウイルスの陽性判定を受け、療養していた。
 西口は療養が明けてから初めてボールを使って練習したという。「チームのために早く投げたいと思っていたので、すぐに合流させていただいてすごくうれしい」と話した。 (C)時事通信社