大手百貨店3社の2022年2月期連結決算が12日、出そろった。前期ほどコロナ禍による休業などの営業制限がなかったため、全社が増収を確保。大丸松坂屋百貨店を傘下に持つJ・フロントリテイリングと高島屋は純損益が黒字転換した。ただ、収益や客足は依然としてコロナ前の水準には及ばず、そごう・西武は赤字が続いた。
 J・フロントの純損益は43億円の黒字(前期は261億円の赤字)に転換。高島屋も53億円の黒字(同339億円の赤字)に浮上した。百貨店売上高の底打ちやコスト削減に加え、金融事業や不動産事業の回復が後押しした。
 しかし、百貨店の回復ペースは鈍い。年末年始にかけて客足は持ち直していたが、その後の変異株「オミクロン株」感染拡大で失速。高島屋の百貨店事業の営業損益は赤字となり、そごう・西武の全体の純損失は88億円(同172億円)と赤字から脱することができなかった。 (C)時事通信社