【ビジネスワイヤ】人工知能(AI)製薬技術の英エクセンシアは、米国がん学会(4月8~13日)で、同社の精密医療プラットフォームに関する研究結果を報告中であると発表した。学会で報告されるのは、アデノシン拮抗薬、CDK7選択的高活性阻害剤、未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害経路についての研究。同社は、早期段階の創薬を加速するためにオックスフォード大学と開始した共同研究「Xcellomics」の紹介も行う。(C)時事通信社