【バンコク時事】水掛け祭りと呼ばれるタイ正月ソンクラーンが13日、始まった。新型コロナウイルスの影響で、大規模な水掛け行事は3年連続で中止。市民は寺を参拝するなどして静かに新年を祝った。
 タイでは今月1日、新規感染者が過去最多の2万8379人を記録。その後も高止まりし、死者や重症者も増えている。プラユット首相は「水の掛け合いは危険。控えてほしい」と呼び掛けた。 (C)時事通信社