阪神は13日、藤浪晋太郎、伊藤将司両投手が新型コロナウイルス検査で陽性と判定されたと発表した。「感染拡大防止特例2022」により出場選手登録を外れた。伊藤将は同日の中日2回戦(バンテ)の予告先発投手だった。
 馬場皐輔投手と山本泰寛内野手も濃厚接触の疑いがあるため、出場選手登録を取り消された。
 12日に江越大賀外野手の陽性が判明。これを受けて1軍の選手、スタッフらが検査を受けた。 (C)時事通信社