吉野家ホールディングスが13日発表した2022年2月期連結決算は、純損益が81億円の黒字(前年は75億円の赤字)に転換した。黒字は2年ぶり。値上げやコスト削減の効果に加え、コロナ禍を受けた営業時間短縮に対する協力金の収入もあり、損益は改善した。ただ、最近の原材料やエネルギーの価格高騰、円安進行による経営への影響を警戒している。
 売上高は子会社だった京樽の売却が響き、9.8%減の1536億円だった。持ち帰りや宅配の需要を取り込み、牛丼事業の売上高は回復した。 (C)時事通信社