首都圏の東京、埼玉、千葉、神奈川4都県の知事は14日、テレビ会議を開き、新型コロナウイルスの新規感染者数が増加している若い世代に対し、今月末から始まる大型連休を前に3回目のワクチン接種を呼び掛ける共同メッセージをまとめた。
 東京都の小池百合子知事は席上、「都内では感染者数の約5割は20代以下で、接種率も他世代に比べ低い。感染の連鎖を断ち切るため、若い方に接種をお願いする」と訴えた。 (C)時事通信社