航空自衛隊は14日、米国出張中の井筒俊司航空幕僚長が新型コロナウイルスに感染したと発表した。15日に帰国予定だったが、現地の基準に従い隔離療養するため、帰国は最短で24日以降になるという。空自は「リモートで執務し、任務に支障はない」としている。 (C)時事通信社