日本サッカー協会は14日、日本代表の森保一監督と反町康治技術委員長が新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたと発表した。ともに喉に違和感はあるものの、体調に大きな問題はないという。
 森保監督と反町委員長は、1日にドーハで行われたワールドカップ(W杯)カタール大会の1次リーグ組み合わせ抽選会後に欧州へ渡り、3日から各地で選手の視察を行っていた。森保監督は13日にドイツで、反町委員長は14日にスペインで陽性が確認された。2人は滞在先で隔離され、週明けに予定していた帰国もずれ込む見通しとなった。 (C)時事通信社