筋力が徐々に低下する遺伝性疾患「筋ジストロフィー」のうち、筋肉の細長い細胞(筋繊維)と外側の基底膜をつなぐ糖鎖に異常があるタイプについて、愛媛大や東京大、神戸大などの研究チームは14日、薬剤を開発して疾患モデルマウスを治療できたと発表した。論文は英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載された。
 筋肉の細胞は収縮して元に戻るため、細胞膜表面のたんぱく質に結合した糖鎖によって基底膜にうまく「のり付け」されていないと、細胞膜が弱まり、細胞自体が壊死(えし)してしまう。この糖鎖に異常があるタイプには、日本の小児期筋ジストロフィーで2番目に多い「福山型」も含まれる。愛媛大の金川基教授は「開発した薬剤に毒性がないか確認し、最適化した後、臨床応用につなげたい」と話している。 (C)時事通信社