【北京時事】中国人民銀行(中央銀行)は15日、金融機関から預金を強制的に預かる比率を示す「預金準備率」を0.25%引き下げると発表した。引き下げは25日付で、昨年12月以来4カ月ぶり。金融緩和を進めることで、新型コロナウイルスの感染再拡大で落ち込んだ景気を下支えする。
 預金準備率の操作は、事実上の政策金利である最優遇貸出金利(LPR)1年物の改定と並ぶ中国の主要な金融政策手段。市場への放出額は約5300億元(約10兆5000億円)で、金融機関の資金コストは年約65億元軽減される見通し。中小など一部の金融機関については、さらに0.25%下げる。 (C)時事通信社