大阪大の妻木範行教授らの研究グループは18日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った椎間板の移植治療の有効性を動物実験で確認したと発表した。腰痛の原因になる椎間板変性の治療法になる可能性があり、3年後をめどに臨床研究を始めたい考え。論文は先月30日に米科学誌電子版に掲載された。
 椎間板は背骨の間でクッションの役割を果たすが、加齢などで変性すると腰痛の原因になる。国内には腰痛患者が約1300万人おり、うち最大約530万人が椎間板変性が原因とみられている。 (C)時事通信社