米ノババックスが開発した新型コロナウイルスワクチンについて、厚生労働省の専門部会は18日、薬事承認することを了承した。厚労省が近く正式承認する見通しで、国内で使えるワクチンとしては4種類目となる。18歳以上を対象に、1、2回目接種に加え、追加接種に活用される。
 ノババックス製は、遺伝子組み換え技術で作ったウイルスのたんぱく質を接種する「組み換えたんぱくワクチン」で、従来の3ワクチンとは仕組みが異なる。同省によると、従来株よりは劣るものの、オミクロン株への効果も一定程度示された。
 1、2回目は、0.5ミリリットルを3週間間隔で接種する。国内の製造や流通を担う武田薬品工業や同省によると、デルタ株やオミクロン株流行前に米国など海外で始まった臨床試験(治験)では、2回の接種で約90%の発症予防効果が確認された。中等症や重症の予防効果は100%だった。日本人が参加した国内治験でも、海外と大きく変わらない結果が得られたという。
 3回目は、2回目から6カ月以上空けて0.5ミリリットル接種する。治験では、ノババックス製を2回接種した180日後に69.4だった中和抗体価が、3回の接種で3687.7となった。 (C)時事通信社