厚生労働省専門部会が承認を了承した米ノババックス製の新型コロナウイルスワクチンは、遺伝子組み換え技術を利用し、合成したウイルスのたんぱく質を接種して抗体を得る仕組みだ。「組み換えたんぱくワクチン」と呼ばれ、B型肝炎ワクチンなどで幅広く使われており、長期の使用実績がある。
 日本で接種が進む米ファイザー製や米モデルナ製のワクチンは、遺伝物質メッセンジャーRNA(mRNA)の一部を投与する。体内でウイルスのたんぱく質が作られて免疫機能が働き、抗体が作られる。
 ノババックス製は、新型コロナの遺伝子を基にウイルス表面にあるたんぱく質を合成し、体内に投与する。ワクチンの効果を高める免疫補助剤(アジュバント)が添加されている。接種後、体内でたんぱく質が認識され、抗体を作る細胞が刺激され抗体ができる。この技術はB型肝炎や帯状疱疹(ほうしん)、子宮頸(けい)がんのワクチンでも使われる。
 厚労省によると、海外での臨床試験(治験)の結果、副反応の多くは軽度~中等度で一過性だった。倦怠(けんたい)感や頭痛といった全身反応のうち、重度だった割合はモデルナ製より少なかった。
 大阪公立大の福島若葉教授(公衆衛生学)は「ノババックス製は1、2回目接種だけでなく、mRNAワクチンの副反応がしんどかった場合などに、3回目接種時の選択肢の一つとして活用できるのではないか」と話している。 (C)時事通信社