厚生労働省は19日、米ノババックス製の新型コロナウイルスワクチンを薬事承認した。同省の専門部会が18日に承認を了承していた。無料の「臨時接種」に位置付けられる見通しで、国内で接種できるコロナワクチンとしては4種類目となる。
 18歳以上を対象に、1、2回目に加え、3回目接種にも使われる。厚労省の審議会が今後、別のコロナワクチンを打った人の追加接種にも活用できるか議論する。
 ノババックス製は、遺伝子組み換え技術で作ったウイルスのたんぱく質を接種する「組み換えたんぱくワクチン」で、主流の米ファイザー製や米モデルナ製とはタイプが異なる。後藤茂之厚労相は19日の閣議後記者会見で、「(両ワクチンに)アレルギーがある方が接種することを念頭に、5月下旬から10万回分を配送する」と話した。 (C)時事通信社