松野博一官房長官は19日の記者会見で、米ノババックスが開発した新型コロナウイルスワクチンの薬事承認について、「国内で製造が行われ、供給の安定性の確保につながる。従来とは異なる種類のワクチンで、多様性を確保できることは望ましい」と歓迎した。 (C)時事通信社