【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)は19日、最新の世界経済見通しを公表し、2022年の世界成長率を3.6%と、1月の前回見通しから0.8ポイント下方修正した。ロシアのウクライナ侵攻に伴う原油などの価格高騰や供給制約で、新型コロナウイルス禍からの回復の勢いが鈍ることが理由。米欧日が主導する経済制裁により、ロシアは22年から2年連続のマイナス成長に陥ると見込む。 (C)時事通信社