【ビジネスワイヤ】武田薬品工業は、新型コロナウイルス感染症ワクチン「ヌバキソビッド筋注」の製造販売承認を取得したと発表した。ヌバキソビッドは組み換えスパイクタンパク質を抗原とする新型コロナワクチンとして日本初。Matrix-Mアジュバントを含有し、18歳以上を対象に初回免疫と追加免疫で使用される。米ノババックスからのライセンスを受けて同社の光工場で製造中。供給準備が整い次第、順次出荷を開始する。今回の承認は、武田薬品が実施した国内臨床第1/2相試験における中間結果と、ノババックスが海外で実施した複数の臨床試験の結果に基づく。国内試験では同薬による重篤な有害事象は認められず、海外試験では追加接種後に顕著な抗体価の上昇が確認された。(C)時事通信社