大阪市が、25日に使用期限を迎える米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン約8万回分を廃棄する方針であることが20日、分かった。米ファイザー製と比べて接種希望者が少なく、予約枠が埋まらなかったため。
 市は1月下旬、3回目接種用として、国からモデルナ製ワクチン約30万回分を納入した。しかし、副反応への懸念からか予約は埋まらず、うち約8万回分が廃棄される見通しとなった。市によると、納入数は1、2回目の接種実績を考慮して決めたという。 (C)時事通信社