米製薬大手メルクの日本法人MSDは21日、新型コロナウイルス治療薬「モルヌピラビル」について、日本政府への160万人分の供給を、6月中旬までに終えるとの見通しを発表した。当初の9月末までの予定を前倒しする。
 これまでは供給量が少なく、医療現場での処方が限定されていた。記者会見した白沢博満上級副社長は「必要があればどこでも使えるようにしたい」と述べ、今後は幅広く使用できるとの認識を示した。 (C)時事通信社