【サンパウロ時事】一つの会社に84年間勤務し続け、ギネス世界記録を保持しているブラジル南部サンタカタリナ州ブルスケ在住の男性がこのほど100歳の誕生日を迎え、家族や友人、同僚ら約700人から祝福を受けた。地元メディアなどが伝えた。
 この男性はバウテル・オルチマンさん。1938年1月、15歳で地元の織物会社に就職した。当初は雑用係だったが、出世を重ねて現在は販売責任者。近年まで出張をこなし、3代にわたって付き合う得意先もあるという。2018年に「同一企業への勤続年数」でギネス認定され、記録の更新を続けている。
 健康の秘訣(ひけつ)は健全な食生活で、ジャンクフードやソーダ類は口にしない。オルチマンさんは「もし仕事を辞めていたら、今頃は生きていなかっただろう。将来のことは考えず、その日その日を大事に生きている」。引退は考えず、「生涯現役」を貫く構えだ。 (C)時事通信社