厚生労働省は25日、海外で原因不明の小児肝炎報告が相次いでおり、国内でも可能性のある症例が発生したと発表した。患者は現在入院しているが、肝移植は行っていない。詳しい病状や海外渡航歴は分かっていない。
 原因不明の小児肝炎について、厚労省は「現時点で国内で増加している状況にはない」と分析している。
 世界保健機関(WHO)の報告によると、昨年1月から今年4月21日の間に、原因不明の小児の急性肝炎が12カ国で少なくとも169例確認されており、1人が死亡した。うち74例では結膜炎などの原因となる「アデノウイルス」が検出されたが、関連性は分かっていない。 (C)時事通信社