厚生労働省の専門部会は25日、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種について、高齢者らに限定する方針を了承した。接種間隔は3回目も含め、現行の6カ月から5カ月に短縮。4回目で使用する米ファイザー製と米モデルナ製ワクチンの添付文書を改訂する。4回目は5月末にも開始される見通しだ。
 政府は60歳以上や基礎疾患のある人に絞る方向で検討している。対象者の具体的な線引きは、27日の別の専門部会で議論され、4回目を公費接種の対象にする手続きも進められる見込み。
 専門部会はこれまでの研究データや海外の動向を踏まえ、4回目について「一定の有効性や安全性が確認できる」と判断。添付文書には注意事項として「ベネフィットとリスクを考慮する」と明記する。 (C)時事通信社