全国知事会(会長・平井伸治鳥取県知事)は26日、新型コロナウイルス対策をめぐりオンライン会議を開き、国への提言をまとめた。変異株「オミクロン株」の感染者数は増減の傾向に地域差があるとして、要因を分析するよう要請。その上で、感染抑制と社会経済活動の両立を図る「ウィズコロナ」に向けた具体策の提示を求めた。
 今月末からの大型連休を控え、国民向けのメッセージもまとめた。マスク着用など基本的な感染対策の徹底のほか、帰省や旅行の際にワクチン接種や検査を活用するよう呼び掛けた。 (C)時事通信社