コニカミノルタ=2022年3月期連結業績予想について、営業損益と純損益を下方修正した。いずれも赤字に転落する見通し。新型コロナウイルス感染拡大の影響などで、買収した海外子会社の収益性が低下し、減損損失109億円を計上したため。 
 半導体不足や物流の逼迫(ひっぱく)で、複合機などの製品が供給不足になったことも影響した。また、米国でのコロナ禍による健康診断の需要停滞などを受け、ヘルスケア事業の利益予想も引き下げた。
 一方、売上高は9100億円(従来予想9000億円)に上方修正した。(C)時事通信社