仙台市は28日、海外渡航歴のない新型コロナウイルス感染者から、オミクロン株の新たな系統が検出されたと発表した。成田空港の検疫で検出された「XE」とは別で、既存の種類とも異なるという。
 厚生労働省や国立感染症研究所によると、ウイルスが細胞に入る際に使う表面突起「スパイクたんぱく質」で遺伝子の組み換えが起きており、感染力やワクチンの効果に変化が生じた可能性がある。
 新系統は、「BA.1」と「BA.2」の2系統の遺伝子が交じったもの。両者の組み換え体は、XE系統など世界各地で多数報告されている。組み換えは複数のウイルスに感染した人の体内で起こるとされ、「国内で組み換わっていても不思議ではない」(感染研)という。
 感染者は仙台市在住で、3月下旬に発症。14日以内の海外渡航歴はなかった。症状は重くなく、既に療養は解除されている。接触者や市内のコロナ感染者の検査で他に新系統ウイルスは検出されておらず、市は「市中感染を疑わせるものはない」としている。
 オミクロン株の新系統をめぐっては11日、米国から成田空港に到着した女性からXE系統が検出されたことが判明した。 (C)時事通信社