山際大志郎経済再生担当相は28日の記者会見で、政府のこれまでの新型コロナウイルス対応を検証する有識者会議を設置し、連休明けに初会合を開くと発表した。地域医療体制の確保や、緊急事態宣言を含む行動制限の在り方などが議論される見通し。
 メンバーは8人。地域医療の人材育成に詳しい永井良三自治医科大学長を座長に、若者に関する研究で知られる社会学者の古市憲寿氏、組織マネジメントに知見がある秋池玲子ボストンコンサルティンググループ日本共同代表らで構成する。
 検証結果は岸田文雄首相が6月に取りまとめるコロナ対策の体制見直しに反映させる。こうした方針は首相が1月の施政方針演説で示していた。山際氏は「中長期的な課題について示唆をいただく」と語った。 (C)時事通信社