【北京時事】中国外務省の趙立堅副報道局長は29日の記者会見で、対北朝鮮国境の遼寧省丹東市で新型コロナウイルスの感染が急速に拡大しているため、同市と北朝鮮新義州市の間で1月に再開した貨物列車の運行を「一時停止することを決定した」と発表した。回復し始めていた中朝貿易への打撃は避けられない見通し。趙氏は「中朝双方の友好的協議」による決定と説明した。
 丹東市政府によると、24~27日に市内で220人の感染者が見つかったほか、これ以降も90人以上の感染者が報告された。オミクロン株の別系統で感染力がより強いとされる「BA.2」が主体で、市内100以上の地区が封鎖された。 (C)時事通信社