【北京時事】中国国家統計局が30日発表した4月の製造業購買担当者景況指数(PMI)は47.4と、前月から2.1ポイント低下し、景気の拡大・縮小を判断する節目の50を2カ月連続で割り込んだ。指数は2020年2月以来2年2カ月ぶりの低い水準となり、厳格な新型コロナウイルス対策に伴う景気悪化が鮮明になった。
 下げ幅は3月(0.7ポイント)を大きく上回った。統計局の専門家は「景気の落ち込みが続いている」と危機感を示した。 (C)時事通信社