ペット同伴の旅行に対応する新たなサービスが登場している。コロナ禍を機にペットを飼い始める人が増加傾向にあるが、飼い主にとっては遠出しづらくなるのが悩みの種だ。旅行業界はこれを商機と捉え、業績回復の切り札の一つにしようと知恵を絞る。
 ペットを旅客機に載せる場合、一般的に貨物室に預ける必要があり、不安を感じる飼い主も少なくない。航空会社スターフライヤーは3月下旬、小型の猫や犬を専用ケージに入れて客席に持ち込めるサービスを羽田―北九州で開始した。マナーウエア(ペット用おむつ)を着用してもらい、清掃を徹底するなど衛生面に配慮。利用状況を見極めながら、他路線への拡大を検討する。
 マナーウエアを提供するユニ・チャームはスターフライヤーや旅行会社ハッピートラベル(福岡市)と共同し、2泊3日で愛犬を連れて九州の名所を巡る東京発のツアーを5月末に実施する。ユニ・チャームの調査によると、愛犬との遠出をためらっている飼い主は全体の4割に上る。同社幹部は「飲食店や娯楽施設など旅行以外にも対象を広げたい」と意気込む。
 ホテルを運営する住友不動産ヴィラフォンテーヌ(東京)は2月下旬、愛犬との宿泊に特化したホテル「inumo(イヌモ)」を東京都港区の芝公園付近で開業した。犬と一緒に入れるレストランやドッグランを設置し、ペット用トイレも客室内に完備。担当者は「大型連休に向けて予約が増えてきた。結婚式などのために愛犬を連れて東京に来る利用者が多い」と話す。
 経済産業省の商業動態統計によると、ペットや関連商品の販売額はコロナ禍が始まった2020年に前年比8.2%増となり、21年も増加傾向が続いた。同省経済解析室は「癒やしを求めてペットを飼育する人が増えた」と分析。関連するサービスはさらに広がる可能性がある。 (C)時事通信社