岸田文雄首相は3日、憲法改正推進派の民間団体が東京都内で開いた集会に自民党総裁としてビデオメッセージを寄せた。新型コロナウイルスへの対応やロシアによるウクライナ侵攻を踏まえ、「緊急事態への備えに対する関心が高まっている。真剣に議論を深めていかなければならない」と訴えた。
 自衛隊に関しては「国民から支持されているにもかかわらず違憲とする声がある」と指摘。憲法9条への自衛隊明記など自民党がまとめた改憲4項目に触れ、「いずれも極めて現代的な課題であり、早期の実現が求められる」との考えを示した。 (C)時事通信社