【ロンドン時事】岸田文雄首相は5日、ロンドンの金融街シティーで講演した。日本への積極投資を呼び掛け、新型コロナウイルス感染拡大を受けた水際対策を緩和すると表明。自らの看板政策である「新しい資本主義」実現に向けた今後の取り組みとして、日本国民の資産所得倍増、人工知能(AI)・量子をはじめとする重要分野の研究開発促進などを打ち出した。
 首相は講演で「日本経済はこれからも力強く成長を続ける。安心して日本に投資してほしい。インベスト・イン・キシダ(岸田に投資を)だ」と表明。「ぜひ日本にお越しください。最大限の『おもてなし』をする」とアピールした。
 コロナ対策の入国制限に関しては「6月には他のG7(先進7カ国)並みに円滑な入国が可能となるよう水際対策をさらに緩和する」と述べた。
 「新しい資本主義」の取り組みとしては、人への投資▽科学技術・イノベーションへの投資▽スタートアップ(急成長する組織)投資▽グリーン、デジタルへの投資―の四つを挙げた。 (C)時事通信社