日本航空が6日発表した2022年3月期連結決算(国際会計基準)は、純損益が1775億円の赤字(前期は2866億円の赤字)だった。国際線貨物が好調で売上高は前期比41.9%増えたものの、新型コロナウイルスの感染拡大が繰り返されて国内線、国際線は客足の回復が遅れた。ANAホールディングス(HD)とともに、航空大手2社はそろって2年連続の赤字に陥った。 (C)時事通信社