安藤 実親さん(あんどう・さねちか、本名實親=作曲家)6日午後1時41分、新型コロナウイルス感染による肺炎のため埼玉県の病院で死去、90歳。鹿児島県出身。喪主は長男貴史(たかふみ)さん。
 1964年、村田英雄さんの「姿三四郎」で作曲家デビュー。水前寺清子さん「いっぽんどっこの唄」、舟木一夫さん「銭形平次」などのヒット曲を手掛けた。 (C)時事通信社