ラグビーのリーグワンは7日、東京・秩父宮ラグビー場で同日予定されていた1部最終節のBR東京―大阪戦を中止した。大阪側に新型コロナウイルス陽性者が確認されたための措置。
 リーグと大阪によると、2日の検査で大阪の13人が陽性判定を受けたが、3日に実施した再検査で、7人が陰性に変わった。さらに5日の3回目の検査ではチーム内の陽性者は1人にとどまったことから、リーグは陰性の選手の試合参加は可能と判断していたが、両チームの合意が得られなかったとして撤回。試合開始直前に中止を決定した。開催をめぐり、BR東京が説明を求めた内容の一部がリーグ内で共有されていなかったという。
 活動規模の縮小を決めている大阪は来季は3部に所属する見込みで、降格前の最後の試合だった。 (C)時事通信社