自民党の安倍晋三元首相は9日、大分市で開かれた同党関係者の会合で、新型コロナウイルスの感染症法上の扱いに関し、現在の「2類」相当から季節性インフルエンザと同等の「5類」に引き下げる方向で検討するよう訴えた。「オミクロン株において重症化率は下がっている。(分類変更の)議論を本格化すべきだ」と語った。
 感染症法は危険度の高い順に感染症を1類(エボラ出血熱など)から5類に分類している。5類では入院勧告や就業制限はできず、医療費は一部自費負担となる。 (C)時事通信社