東日本、中日本、西日本、本州四国連絡の高速道路4社は9日、ゴールデンウイーク期間(4月28日~5月8日)の交通状況を公表した。全国主要40区間の1日平均交通量は3万9200台で、前年同期(4月28日~5月5日)を36%上回った。新型コロナウイルス流行前と比べても、2019年同期(4月26日~5月6日)の77%の水準にまで回復。首都圏だけでなく、近畿圏や中京圏でも渋滞回数が前年より増えた。
 今年も連休中に高速道路料金の休日割引が適用されなかったが、緊急事態宣言などの行動制限がなく、普通車を含む「小型車」の交通量が戻った。 (C)時事通信社