東京都医師会の尾崎治夫会長は10日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染防止策として屋外でマスクを着用することに関し、「換気がいい場所ではそれほど感染のリスクがない」と述べた。その上で、外出前に抗原検査により陰性を確認すれば、ソーシャルディスタンスを保てる屋外では「着用を見直してもいいのでは」と語った。
 尾崎氏は、屋内では引き続きマスク着用の必要性が高いとしつつ、「検査を多用し、感染の恐れが限りなく少ない人が集まって、社会を動かしていく発想に切り替えるべきだ」と強調した。 (C)時事通信社