細田博之衆院議長は10日、自民党参院議員のパーティーで、国会議員1人当たりの歳費は少ないため、議員定数を増やしても問題ないとの認識を示した。「多少増やしても罰は当たらない」と述べた。議員歳費は月額129万4000円で、現在は新型コロナウイルス感染拡大を受け、2割減額の103万5200円。
 細田氏は歳費節約のために定数を減らすべきだとの意見があるとし、「一体いくらもらっていると思うのか。議長でも毎月歳費は100万円しかない。上場会社の社長なら1億円はもらう」と主張。「議員を減らせばいいのか考えた方がいい。民主主義ではできるだけ多くの議員で盛んな議論をするのがいい」と語った。 (C)時事通信社