【パリ時事】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は10日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染を徹底的に封じ込める中国の「ゼロコロナ」政策について、「持続可能ではない」と疑問を呈した。同政策により経済活動の停滞などの社会的影響が懸念されているが、中国政府は「方針を堅持する」と表明している。
 テドロス氏は「ウイルスの動きを考慮すれば、ゼロコロナ政策は持続可能ではないと考える」と指摘。中国の専門家にもそう伝えたと話し、「今は他に良い政策もある。他の戦略に移行することが重要だ」と強調した。 (C)時事通信社