【ビジネスワイヤ】医療技術の独メディ・グローブ・グループは、仏ストラスブールの大学病院研究所(IHU)と提携したと発表した。提携は、超音波内視鏡検査で膵臓(すいぞう)疾患を検出するための、世界初の人工知能(AI)ソフトウエアを開発することが目的。欧州では膵臓がん患者の90%以上が死亡しており、膵臓疾患では早期発見が重要とされる。AI技術により、一流専門医の経験を全ての医師が利用できるようになると期待される。(C)時事通信社