政府の新型コロナウイルス対応を検証する有識者会議(座長・永井良三自治医科大学長)は11日午前、東京都内で初会合を開いた。今後、司令塔機能の強化や行動制限の在り方、地域医療体制の確保策などを議論し、6月をめどに岸田文雄首相に結果を報告する。
 初会合に出席した山際大志郎経済再生担当相は「(新型コロナに対して)どういう戦い方をしてきたか、しっかり検証した上で、次に備える必要がある」と述べた。メンバーは地域医療や企業経営の専門家、社会学者ら8人で構成している。 (C)時事通信社