【北京時事】中国国家統計局が11日発表した4月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比2.1%上昇となった。伸び率は前月から0.6ポイント上がり、昨年11月以来の大きさ。新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)で物流が混乱したことによる食品価格の上昇が、全体を押し上げた。
 食品価格は前月の1.5%下落から1.9%上昇に転じた。野菜や果物、卵などの値上がりが目立ち、食材として好まれる豚肉の下落幅は縮小した。 (C)時事通信社