トヨタ自動車が11日発表した2022年3月期連結決算(国際会計基準)は、本業のもうけを示す営業利益が前期比36.3%増の2兆9956億円となった。会計基準の変更で単純比較はできないが、16年3月期(2兆8539億円)を上回り過去最高。新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ新車販売が回復し、為替相場の円安も追い風となった。
 純利益は26.9%増の2兆8501億円、売上高に当たる営業収益は15.3%増の31兆3795億円となり、いずれもこれまでの最高を更新した。近健太副社長はオンライン説明会で「資材(価格高騰)やオミクロン(株の感染拡大)の問題があったが、体質を改善してきたことが一番の特徴だった」と振り返った。
 為替相場が円安に振れたことで営業利益を6100億円押し上げた。さらに、北米などで新車販売が堅調に推移したほか、原価改善や諸経費低減の効果もあり、資材価格高騰によるマイナス影響をカバーした。ダイハツ工業、日野自動車を含むグループ全体の世界販売台数は4.7%増の1038万台で、2期ぶりに1000万台の大台を超えた。 (C)時事通信社