じもとホールディングス(HD)が、傘下で山形県を地盤とするきらやか銀行への公的資金注入を金融庁に申請する方向で検討していることが11日、分かった。コロナ禍の影響を受けた中小企業の支援を目的とした改正金融機能強化法の特例制度に基づき、200億円規模の注入を求める。
 じもとHDが近く公表する見通し。地方銀行に公的資金が注入されれば2014年の豊和銀行以来8年ぶりとなる。
 特例制度は、コロナ禍で資金繰りが悪化した中小・零細企業への金融機関による支援を後押しするため、政府が20年6月に制定した。コロナ禍の長期化で地方経済が疲弊する中、きらやか銀は融資先の事業再生を支援するためには財務基盤の強化が必要と判断した。申請すれば、きらやか銀が初となる。 (C)時事通信社