岸田文雄首相は12日、東京都中央区の新川児童館を訪れ、住民の支援に当たる民生委員、児童委員と車座で対話した。高齢者や子育て世帯の孤立・孤独対策に力を入れるよう求める声が出席者から上がり、首相は官民の連携を図る意向を示した。
 民生委員らは「新型コロナウイルス禍で高齢者、子育て世帯の孤立・孤独が進行している」などと指摘し、支援拠点設置の補助を要望。首相はこの後、記者団に「コロナ禍で悩みが多様化している。官民の関係者の連携をスムーズに進めるにはどうしたらいいか、政府の立場で考えるべきポイントの一つだ」と述べた。 (C)時事通信社